CLUBハウジングコーチブログ
Club Housing Coach Blog.

福島の住宅建築会社での研修が始まってます。 設計、営業含めたスタッフ4名でのスクーリング。 すでにコーチング的な打ち合わせをするようになっていて、 それだけで商談到達率が倍増してびっくりしているそうです。 スクーリングはすでに3日目ですが、かなりいい感じなってきました。 最初はコーチングに対して疑心暗鬼な思いもあったようですが、その思いが腫れてきたようです。 顔を見れば分かります。 コーチングを 実際にやってみて相手から引き出せた感触。 実際に受けてみて自分が引き出された感触。 お客さんの家への想いとは、 ヒアリングシートで聴いただけでは掴みきれないけど、ちゃんと心にアプローチする方法を使えば、こんなに簡単にできてしまうのです。 やってることはいたってシンプル。 拡大して掘り下げ。 会話の空間を掴めるようになると簡単です。 また、来週。 次回は4日目。 今後が楽しみです。

今年も、住スタイルTOKYO2017に ハウジングコーチが出展します。 去年に引き続いての出展ですが、 今回は、 川崎でハウジングコーチとして活躍する 「陽の木ホーム」がメインでの出展。 他にも、サポート建築家として 川口孝男建築事務所 よしみ事務所 のお二人も参加されます。 「陽の木ホーム」は 3年前からハウジングコーチを導入、 すでにコーチングを活用した家づくり の実績ある会社です。 もちろん、お二人の建築家も ハウジングコーチとして、活動されています。 今回メイン出展の 「陽の木ホーム」の特徴は、 『家族参加型』の家づくり。 どんな家づくりに取り組んでいるかというと、 家族主体だから、 ①「家族はどんな幸せになりたいの?」 がとても大切。 コーチングで、家族の幸せを引き出します。 ②家族みんなが、家づくりに参加。 時には、子供も棟木をハンマーで打ち込んだり、 漆喰壁を塗ったり、楽しいイベントたくさん。 ③家族みんながつくる。 だから子供が触っても、安全な素材・建材 にこだわって家づくりをします。 展示内容は、 □ 漆喰塗り体験 □ 棟木打ち込み体験 □ 地鎮祭体験 □ コーチングミニセッション □ 住宅予算の相談 □ 1時間設計プラン(土地情報をお持ちください) いずれも無料です!! 開催期間は 6月8日(木)~11日(日) 10:00~17:00 「ブログを見て来た!」 と仰っていただけたら プレゼントも用意しています。 是非是非!ご来場をお待ちしています。

奈良でハウジングコーチとして活躍する、 ファイナンシャルプランナー(FP)の 小倉英雄さんが東京でセミナー開催します。 セミナーは家づくりをなさる方向けの開催ですが、 家を提案する方にとっても、役立つ内容です。 ただ単に家の相談に乗るのではなく、 家計や、予算についてもアドバイスできたら、 提案の確度が向上します。 小倉さんは『FPマイホーム購入のいろは』を運営し、 FPの立場から、家購入をアドバイスしています。 FPといってもただのFPではありません。 当協会が提供するハウジングコーチを導入し、 単なる家計収支計画のアドバイスだけでなく、 お客様の人生の価値観を引出し共有してから、 アドバイスを行なっています。 通常は、家の予算といえば、 ・単純に年収から計算 ・今の家賃との比較 ・ローンの限度額 といったことをベースに考えますが、 この考え方だと、将来、 家を購入したため、家計が破綻するケースもあるのです。 人生には『3大支出』というものがあります。 「家」 「教育」 「老後」のことですが、 家を購入する際に、「教育」や「老後」について しっかりとした計画がないと将来、問題が起こります。 そこで、小倉さんはお客様の価値観をベースに、 住宅の予算を『将来の家計』を見える化し、 『予算に確信』を持った家づくりをアドバイスします。 今回のセミナーでは、 ・よくある「予算決め」ではなぜ危ない? ・どう考え、どう計画すれば安心なのか? についてのノウハウを 『知識、情報、事例』 をシェアしながらお伝えします。 家づくりを 『すでに始めた方』 『今から始める方』 『いつか始める方』 どんな段階の方も 『安心のため』に聞いておくべき内容です。 そして、 家を提案される方も是非一度聞いておくべき内容です。 >お申し込みはこちらから<  

ラポールの方法の一つにペーシングという技術があります。 呼吸のリズム、話すスピード、使う言葉、話の内容、声のトーン、姿勢、表情などを相手に合わせることです。 すなわち『相手の波長に合せる』ということです。 そうすることで信頼感、安心感が生れてきます。 具体的には、 相手が驚いているときは一緒に驚いてみせる。 相手が辛そうにしているときは一緒に辛そうにしてみせる。 相手の使っている言葉を使う、 早口の人には早口で揃え、ゆっくりの口調の人にはゆっくりとした会話をするといったことです。 ペーシングをすることで、 相手に 「この人は自分の気持ちをわかってくれている」 「自分に同意している」 といった好印象を与えられる効果が期待できます。 ただしわざとらしい合わせ方をすると、相手に伝わってしまい、逆に不信感、不快感をもたれる恐れがあるので注意しましょうね。

ミラーリングとは、相手と自分が鏡に映っているように振る舞うこと、相手の身振りや動作を合わせる方法です。 主には、姿勢や座り方、見振り・手振り、態度や表情、しぐさなどを合せることです。 具体的には、 相手が腕組みをしたら、自分も腕組みをする。 相手が足を組んだら、自分も足を組む。 相手がコーヒーカップを持ったら、自分も持つ。 などです。 ミラーリングを行うころで、 相手は無意識にあなたを自分と似た存在であると感じさせたり 相手の警戒心を解いて、好意や安心感を感じさせる期待が持てます。 ただし、相手とまったく同じタイミングで同じ動作を行ったり 合わせ過ぎると相手に違和感を与え、逆に警戒心を抱かせてしまうので注意が必要です。 相手がコーヒーカップを手にしたら、自分は少し遅れてコーヒーカップを取ってみる。 相手が話しながら手でジェスチャーをしていたら、自分も手を少し動かしてみる。 ミラーリングは相手とラポールを築くために行うものですので、 ラポールを築くためには、同時にペーシングやオウム返しを使っていくのも良いと思います。 相手に対してミラーリングを意識しずぎると、 きちんとマネをすることに集中してしまいがちですが、 ミラーリングにばかり集中のではなく、 相手の話をよく聞く(聴く) 相手の状態をよく観察する 相手を理解したいという思いで相手に合わせる そういった態度・姿勢が大切ですね。

初対面の人と早く信頼関係(ラポール)を築く方法はたくさんありますが、今日はいち早く築くコツをご紹介します。 人は自分の経験や思いなどを他人と分かち合いたいという願望があります。 ラポールは相手との経験、相手の現実を共有化することで得ることができるのです。共通点を見つけることがラポールをつくる秘訣です。 普段を楽しく会話ができる人って振り返ってみていかがでしょうか? 例えば 共通の趣味を持っている人 共通の体験をしたことがある人 好みが同じ人 同じような境遇の人 ・・・・ といると会話が弾みやすいですよね。 初対面の方でも同じ出身地だったというのがわかると妙に親しみが湧いてきたりします。 そして相手と共感する! 一緒に盛り上がる! これ大事です!   初対面の方でも共通点を見つけて、いかに盛り上がることができるかが、早く信頼関係を築くコツだったりするんですね。  

今すぐ使える!
ハウジングコーチ質問チャート
ビジョンマップシート
無料メルマガ会員登録いただいた方
にプレゼント中!