住む人に寄り添う家づくり

企業ユーザー向けアプリ
新規登録・プラン変更
はコチラから

※アプリはWEBで登録後にご利用いただけます。

お役立ち知識・情報
ハウジングコーチブログ

  • TOTOリモデルサービスのご紹介

    2021/12/02NEWS
  • 顧客体験会のご案内

    2021/11/26NEWS
  • 顧客はもうデジタルネイティブ世代になっている!?

    2021/11/14Home Idea
  • 体験セミナー参加特典

    2021/07/22NEWS
  • 講座開催【同じ提案なのに成約が2割上がるヒアリング】

    2021/07/13NEWS
  • Home Idea

    2021/05/20Home Idea
  • お客様配布用の【アカウント登録の手順】について

    2021/05/10Home Idea
  • 認定スクール開催および募集の中止期間延長について

    2021/05/10NEWS

住む人に寄り添う家づくり

「理想の家は3度建てないとできない」と言われることがあります。

住宅購入時の満足度を計る調査(住環境研究所調べ)によると、住宅1次取得者(初めて購入する人)の8割が「不満あり」との回答だったそうです。

これだけモノづくりの技術や性能が向上しているはずなのに、2割しか満足していないというのはショッキングな結果です。

不満の順位は、

1位が「間取り・プラン」、2位が「片付けやすさ、収納」とあります。

ということは、不満は住宅そのものの性能や施工品質ではなく、プランでどうにでもなる問題と言えます。「住む人」の理想を互いが把握して家づくりが進んでいれば、起こらなかったはず。

大切なのは、住宅事業者だけが把握すれば良いのではなく、作る段階において「住む人」も明確にしていることです。
提案の通り進めて良いか否か、最終的に決めるのは「住む人」だからです。

住む人に寄り添い、1度で理想の家を提供するには、このような「住む人」の理想を明確にできる技術と、コミュニケーションの機会が不可欠なのです。

<業界に起こっている問題>

はじめまして一般社団法人ハウジングコーチ協会の平田広幸です

当協会は、「住宅業界のヒアリングスキルの底上げ」を目的に2013年に設立しました。

それまでおよそ20年間、建築設計業を行い、住宅設計、スポーツクラブ・レストランなど商業施設に携わりました。

そこで思い至るようになったのが、住む人にとって「理想の家」づくりが非常に難しい業界環境であることでした。

その原因には2つの側面があります。

一つ目は、「住む人」が理想を明確にして伝えるための経験を積めない

二つ目は、理想を引き出す専門技術を「住宅事業者」が学ぶ機会がない、です。

とはいえ、住む人が理想を明確にするために経験を積むのは無理があります。人生初体験で理想を作るのは大変な作業でしょう。

ですから、家を提供する「住宅事業者」の側が、上手に引き出す技術を身につければ、世の中の家づくりが理想に近づくはずです。

<コーチング型ヒアリング>

そんな想いを持っているときに出会ったのが、コーチングでした。
コーチングとは、スポーツの世界でよく使われる言葉ですが、本来は「相手の心」から、気付きを引き出すコミュニケーションのことです。

例えば、相手が話しやすくなる「傾聴力」、「承認力」や、大切な情報を引き出す「質問力」です。

家づくりで、このようなコーチング型のヒアリングができれば、「住む人」が普段考えたことのない理想を言葉にし、住宅事業者も共有でき、家づくりに失敗しようがありません。

そこで、コーチング型ヒアリングを体系化し、研修・セミナーを通じて、全国の工務店・設計事務所・リフォーム会社・不動産仲介会社・建材メーカーに伝え、その技術習得を普及するために、認定制度を定めました。

それがハウジングコーチです。

ヒアリングの内容を見る

<家づくりアプリの開発>

「住む人」と「住宅事業者」には意志の疎通が問題になることがよくあります。互いの思っていたことが違うのは当然起こり得るでしょう。

場合によっては、トラブルになることもあり、お互い無くしておきたいギャップです。

しかし、このようなギャップは、いくらモノづくりの技術や、業務ツールの性能が向上しても埋まりません。

モノづくりは意志の疎通の上に成り立っているのであって、デザインや施工だけでは存在できないからです。(特に家作りの場合は)

このようなギャップを埋め、トラブルを無くし、理想の家をつくるため、住む人と住宅事業者が「意思・情報・記録のやりとり」をするためのアプリを開発しました。

それがホームアイデアです。

平田 広幸 HIROYUKI HIRATA
一般社団法人ハウジングコーチ協会 代表理事
ハウジングコーチアカデミア株式会社アルキメデス 代表取締役
一級建築士
ザバススポーツクラブ、ジェクサーフィットネスクラブなどスポーツクラブやマンション、店舗、個人住宅の設計業務を経て、2012年ハウジングコーチアカデミアを設立しコーチ育成事業開始。
2013年ハウジングコーチ協会を設立し認定制度開始。
導入企業から、顧客との信頼関係構築、顧客満足度向上、受注数や受注スピード増の声多数。
  • 平田 広幸著
  • リフォームセールスマガジン掲載
  • 住宅情報掲載

ハウジングコーチで家を建てた人の
感想動画

コーチングを受けたユーザーの
感想動画

ハウジングコーチで
理想が明確になった
ユーザーの声

  • 家は自分の気を置く場所。その場所に何を求めるかを引き出してもらえたことに驚き、これなら家をつくるときに指示がはっきりできると思う。
  • 夫婦で受け、期せずしてお互いの考えが分かったことが良かった。家族の考えを分かりあい、尊重し合ったものであることが大事。幸せな家が手に入ると思いました。
  • 家を建てる上で自分の家に対する想いを知ることができました。家を建てるときに専門家側からの情報だけで選ぶしかないと思っていましたが、自分も知らなかった家への想いに気付くことによって納得のいく家が建てられると思います。
  • あまり考えていなかった事について方向性が見えてきて良かった。 いつもは考えていなかった点が線になったような感じで、家づくりに役立地ます。
  • 楽しくできました。魔法の質問形式は盛り上がりますね。コミュニケーションスキルとしてこれからの設計者は身につけるべきだと思います。
  • 予想外の展開で驚いた。自分と向き合う作業は新鮮でした。住宅だけでなく、全ての分野で応用できそうな コーチングだと思いました。ありがとうございました。家づくりにも反映されて、自分たちの希望が叶ったと思っています。
  • 普段気にしていなかった自分の価値観(大切にしているもの)を整理できて良かった。 ゆったりとした時間をとって、自然なスタイルで会話できたので意志がはっきり伝えられたと思う。家を造る際にハウジングコーチに依頼すべきですね。
  • 自分の中のぼんやりしていた気持ちがはっきりと明確になった。自分の今後のライフスタイルを全体的に考える機会を与えていただけて嬉しく思います。とても楽しむことができました。ありがとうございます。